意外なものでシミが消える!一度は試してみたい馬油

・馬油ってなに?

 

馬油とは、文字通り「馬の油」です。
実は馬の油は、人の皮脂と成分がよく似ています。

 

その為、肌の角質層にまで浸透しやすくなっています。

 

実は、馬油はヤケドや傷跡に効果を発揮させる特効薬としても
使われていたりしました。

 

昔話や、時代物の漫画など見られる「ガマの油」は実は「馬の油」だった
という説もあるほど、昔から使われていたもの。

 

江戸時代は肉食を禁じられていたため、
「我が馬の油」をもじり「ガマの油」と隠語として使われていたのだとか。

 

口にしても害はないため、安心して使えるのが魅力です。
馬油は肌に浸透しやすく、乾燥するのを防いでくれます。

 

ワセリンやオイルも乾燥するのを防いでくれますが、
「蓋」の役割をするだけです。

 

しかし馬油は、浸透力が強いので、肌の角質層まで、
保湿成分が浸透されます。

 

マネしたくなる使い方を説明しますね。

 

 

 

・馬油マネしたくなる使い方

 

1・洗顔前に馬油を塗る
洗顔前に馬油を塗り、なじませてから5分ほど待ちます。

 

その後、優しくティッシュオフするか、蒸しタオルで拭ってください。

 

油分でメイクもしっかり取ってくれるので、
刺激の強いメイク落としを使わずにすみます。

 

それからいつも通りに洗顔を行うといつもよりふっくらと
した肌になります。

 

洗顔料は肌の潤いを奪ってしまいますが、洗顔の前に馬油を
塗るだけで、肌に潤いは残ったままになります。

 

 

2・化粧水の前に馬油を塗る
化粧水の前の顔が濡れた状態で馬油を塗ってください。

 

そすることにより、肌が柔らかくなり、化粧水の浸透率も
上がっていきます。

 

馬油を塗るときに一緒にマッサージをすれば、
小顔効果にもなります。

 

 

 

・シミにも効果がある!

 

シミが消える!という効果ですが、実際どうなのでしょうか?
消えるのにも実は秘密があったんです。

 

馬油は肌への浸透力が強いということはお話ししましたが、
浸透力が強いということは、皮下組織まで栄養が届きやすくなる
ということ。

 

そのため、血行促進も効果があり、ターンオーバを促す効果があります。

 

ターンオーバーが促せられるので、
新しい細胞が表面に出てきやすくなるんですね。

 

肌が再生されることによって、
肌本来の力を底上げしてくれていいたんですね。
そのお陰で結果的にシミが消えることになります。

 

 

 

・いつものケアに馬油をプラスしてみては?

 

いかがでしたか?
馬油がシミに効果があり、肌本来の力を引き出してくれる馬油。
いつもケアにプラスしてみる価値はありそうですよね。

 

>>【米肌・澄肌美白】市販で買える?米肌を一番安く買うならココ